回復ドライブの作成

Surface Pro 2のSSDには、Surface Pro 2を出荷時の状態に戻すためのデータが入っている。このデータをUSBメモリにバックアップすることができる。

(1)8GB以上のUSBメモリをUSBポートに接続しておく。
このUSBメモリは回復ドライブの作成時にフォーマットされるため、新品を使うか、中のファイルを別のドライブに移しておくこと。

(2)画面右端から中央に向けてなぞり、画面右側に表示されたメニューから「検索」を選択する。

(3)画面右側のメニューが検索機能に変化する。
入力ボックスに「回復ドライブ」と入力する。
表示された候補から「回復ドライブの作成」をタッチする。

(4)「ユーザーアカウント制御」が表示される。
「はい」をタッチする。

(5)「回復ドライブの作成」が表示される。
「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします」左側のチェックボックスをオンにする。
「次へ」をタッチする。

(6)「USBフラッシュドライブの選択」が表示される。
USBメモリのドライブ(microSDXCカードをDドライブとして使用している場合、Eドライブ)を選択する。
「次へ」をタッチする。

(7)「回復ドライブの作成」が表示される。
「作成」をタッチする。

(8)「回復ドライブの準備ができました」が表示される。
「完了」をタッチする。

(9)USBメモリを取り外す際の操作(ハードウェアの取り外し)を実施し、USBポートからUSBメモリを抜く。

Surface Pro 2が起動しなくなった場合、ここで回復ドライブを作成したUSBメモリをUSBポートに接続した状態でボリューム下ボタンを押しながら電源を入れることで、回復ドライブから起動することができる。


  • 最終更新:2014-02-27 22:15:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード